笑顔と元気であるよう健康管理を担う究極の医療グループ

オルソビル専用ブログ

つながり訪問看護ステーション 

訪問看護って?

更新日:

こんにちは。

つながり訪問看護ステーションです。

 

つい最近、一件の質問が御座いました。

『(訪問の)看護師さんと、病院の看護師さんってなにか違うの?』

質問をくれたのは、ご利用者さんのお孫さんです…

 

看護師と聞くと、多くが白衣を着た病院の看護師さんをイメージされます。

 

最近、病院でも白衣では無く、機能性を重視した看護服も増えています。

 

 

私達は、もっぱらジャージにポロシャツです。

自転車をこぎ、町中を走り回っています。

 

病院の看護師と何がちがうの?の質問に、

『服装や働く場所は違うけど、同じだよ。

小児科の看護師さんは、子供が怖がらない服装を着るのと同じ。

私たちは、動きやすく、ご自宅を訪問した時、

親しみが持ちやすい服装を心掛けているんだよ。

白衣を着た人が、急に家に入ってきたら、

皆、びっくりするからね。

行うことは、病院と同じで、注射や傷の処置をすることもある。

一人一人の家庭生活に寄り添った、看護を提供するのが訪問看護師だよ。』

と、お答えしました。

その子は、おばあちゃんの入院をきっかけに、

看護師を目指す決意をし、質問をしたかったみたいです。

少しでも、お役に立てたでしょうか。

『また、何でも聞いてね』とお伝えし、その方の家を後にしました。

 

ご利用者様の病気や治療だけでなく、こうやってご家族含む、

様々な方との関われることが訪問看護の醍醐味です。

 

 

 

ここからは余談ですが…

訪問看護ステーションは、『指定医療機関』と呼ばれ、

病院やクリニック、薬局と同じ扱いとなります。

いつまでも家で過ごしたい!
そんな声にお応えし、地域医療を担う拠点です。

 

私たちが提供するものは、『医療サービス』が中心となります。

もちろん、医療が必要な方は同時に介護も必要となる方も多いので、

介護に関する知識も十分に御座います。

 

しきりが高いとおっしゃる方も時折いらっしゃいますが、

皆様お持ちの保険証や、65歳以上の方がお持ちの介護保険証を使用し、

各種法令で定められた料金で利用可能です。

・高齢でも健康に生き生き家で暮らしたい。

・病気や障害があっても、在宅でリハビリを受けたい。

・がんや老衰で終末期でも住み慣れたご自宅で自由に過ごしたい

・可能であれば、在宅で最後まで看取りたい。

 

そんな皆様の思いを、 看護職やリハビリ職が支援するサービスが訪問看護です。

 

 

看護師を目指す子供から、病気の方まで。何か質問が御座いましたら、

ご気軽にお問合せ下さい。

 

 

 

つながり訪問看護ステーション

http://ortho-g.co.jp/tm/tsunagari/

-つながり訪問看護ステーション 

Copyright© オルソビル専用ブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.